本文へ移動
天岩戸神社 西本宮
 
天照皇大神が御隠れになられた天岩戸(洞窟)を御神体として御祀りしている神社です。
天安河原宮
天安河原(あまのやすかわら)と呼ばれる間口40メートル、奥行30メートルの大洞窟があり、八百萬神が集まって相談をされた場所です。いろんな願事が叶うとの信仰があります。別名「仰慕窟(ぎょうぼがいわや)」とも呼ばれます。
天岩戸神社 東本宮
 
天照皇大神が天岩戸からお出ましになられた後、最初にお住まいになられた場所を御祀りしている神社です。
 
天岩戸神社は宮崎県高千穂町に鎮座し、日本神話(古事記・日本書紀)の中に書かれております天照大御神様のお隠れになられた天岩戸と呼ばれる洞窟を御神体として御祀りしており、天岩戸神話の舞台となった場所でございます。 岩戸川をはさんで西本宮と東本宮が鎮座し、両社とも、天照大御神様を御祭神として御祀りしております。 川上には八百萬の神々がお集まりになり、御相談をされた天安河原がございます。

天岩戸神社からのお知らせ

お正月期間中(元旦から3日まで)の御神体天岩戸の遥拝について
2021-12-26
通常、御神体「天岩戸」が見えるところから御参りできる「天岩戸遥拝殿」は
神職による天岩戸の御案内でお連れしておりますが、令和4年元旦から1月3日までの間、
自由に遥拝殿へお入り頂き、参拝出来るように致します。
それに伴い、神職による御案内は行いませんのでご了承ください。

天岩戸遥拝殿の開門時間は次の通りです。

元旦、2日、3日   午前8時半~午後5時まで

以上となります。 
入り口に設置している「おんのべかずら」をくぐって、お進みください。

天岩戸神社の近況

「天岩戸注連縄神事」のクラウドファンディングに多くのご協力を頂いております。引き続き応援をよろしくお願いいたします。
2021-11-11
11月1日から12月22日まで、「天岩戸注連縄神事」のクラウドファンディングを行っております。
昨年、神話に倣い、御神体「天岩戸」に注連縄をかけました。
今年からはその注連縄を張りかえていく「天岩戸注連縄張替え神事」を行ってまいります。
後世に長く続く祭りを作るため、クラウドファンディングを行わせていただくこととなりました。
クラウドファンディングのページを見て頂くと、このご神事を行う理由や思いが分かりやすく記載されておりますので、是非ご覧いただきたいと思います。
11月1日から10日間で、すでに100名以上のご支援を頂いております。誠にありがとうございます。より良い祭りにしていこうと、励みになっております。
12月22日までクラウドファンディングを行わせて頂きますので、多くの方に知って頂けるよう、皆様のご協力と応援をよろしくお願いいたします。


クラウドファンディングのページはこちらです。
クラウドファンディングリンク先
 

天岩戸神社の情報は、こちらをご覧ください。

天岩戸注連縄神事は12月21日前夜祭、12月22日本祭を執り行います。

注連縄神事チラシ表
注連縄神事のお知らせです。
天岩戸神社
〒882-1621
宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073番地1
TEL.0982-74-8239
FAX.0982-74-8911
社務所 8:30~17:00
 
0
0
1
2
5
5
5
2
9
TOPへ戻る