本文へ移動
天岩戸神社 西本宮
 
天照皇大神が御隠れになられた天岩戸(洞窟)を御神体として御祀りしている神社です。
天安河原宮
天安河原(あまのやすかわら)と呼ばれる間口40メートル、奥行30メートルの大洞窟があり、八百萬神が集まって相談をされた場所です。いろんな願事が叶うとの信仰があります。別名「仰慕窟(ぎょうぼがいわや)」とも呼ばれます。
天岩戸神社 東本宮
 
天照皇大神が天岩戸からお出ましになられた後、最初にお住まいになられた場所を御祀りしている神社です。

天岩戸神社からのお知らせ

12月21日、22日に行われる「天岩戸注連縄張替え神事」の概要についてのお知らせです。
2021-11-01
今年の「天岩戸注連縄張替え神事」は、芸術家、文化継承者による奉納行事が行われます。元ブルーハーツのドラマーとして活躍されたミュージシャン梶原徹也(かじわら・てつや)氏や、武道家の荒谷卓(あらや・たかし)氏、舞踊家の酒井はな(さかい・はな)氏、島地保武(しまじ・やすたけ)氏、演奏家の阿部一成(あべ・かずなり)氏
令和3年天岩戸神社御神体「注連縄張替え神事」概要

日時(予定):令和3年12月21日(火)15:00~21:00(前夜祭)
令和3年12月22日(水) 6:50~10:30(本祭)
会 場 :天岩戸神社 宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073-1 (TEL:0982-74-8239)

◆1日目:令和3年12月21日(火)(前夜祭)
・注連縄奉迎の儀式
・音楽家 梶原徹也氏、阿部一成氏による奉納演奏
・舞踏家 島地保武氏、酒井はな氏による奉納演舞
・天岩戸神楽奉納
・書道家 永山玳潤氏による奉納揮毫(きごう)

◆2日目:令和3年12月22日(水)(本祭)
・西行庵円位流 花輪竹峯氏による奉納献茶式
・日本鶏保護連盟殿による長鳴鶏の鳴き声奉納
・武道家 荒谷卓氏による奉納演武
・注連縄張神事 宮司祝詞奏上
・宮崎県立高千穂高等学校 弓道部による鏑矢奉献の儀
・登山家 竹内洋岳氏及び天野和明氏による 御神体の注連縄張替え神事
・書道家 永山玳潤氏による奉納揮毫

※注連縄が外れている21日(火)午後3時頃から12月22日(水)午前9時の注連縄張替え神事開始までの間、天岩戸遥拝所へ入ることが出来なくなりますので、「天岩戸の御案内」はその間、中止となりますのでご注意ください。

以上お知らせ致します。
当日お越しの方は案内の時間等確認の上お越しください。
前夜祭、本祭ともにどなたでもご覧いただけますが、混雑して入場できない場合もありますので、ご了承ください。
天岩戸神社
〒882-1621
宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073番地1
TEL.0982-74-8239
FAX.0982-74-8911
社務所 8:30~17:00
 
0
0
1
2
2
1
4
3
7
TOPへ戻る