天岩戸神社 西本宮
 
天照皇大神が御隠れになられた天岩戸(洞窟)を御神体として御祀りしている神社です。
天安河原宮
 
此の河原の一角に「仰慕窟(ぎょうぼがいわや)」と称し間口40メートル、奥行30メートルの大洞窟があり、全国から願事がかなうとの信仰があります。
天岩戸神社 東本宮
 
天照皇大神が天岩戸からお出ましになられた後、最初にお住まいになられた場所を御祀りしている神社です。
 
天岩戸神社は宮崎県高千穂町に鎮座し、日本神話(古事記・日本書紀)の中に書かれております天照大御神様のお隠れになられた天岩戸と呼ばれる洞窟を御神体として御祀りしており、天岩戸神話の舞台となった場所でございます。 岩戸川をはさんで西本宮と東本宮が鎮座し、両社とも、天照大御神様を御祭神として御祀りしております。 川上には八百萬の神々がお集まりになり、御相談をされた天安河原がございます。

天岩戸神社からのお知らせ

6月30日午後4時より夏越の大祓を執り行います。
2017-06-25
毎年6月30日に夏越の大祓、12月31日に年越の大祓を行っております。
大祓は日ごろ気づかないうちに身体についた罪・穢れを紙の人形(ひとがた)に移して、身体を清める神事です。
 
6月30日午後4時から行う夏越の大祓では、1月1日から6月30日までの間にお納め頂いた人形をお祓いし、大祓詞にお祓いの川として出てくる岩戸川に流し、神様に罪・穢れを消していただきます。
大祓の神事には、一般の方も参加できますので、当日ご参列されたい方は午後4時までに天岩戸神社西本宮にお越し頂き、社務所にお声がけください。
 
また、古来より天岩戸神社ではお祭りなどでのお祓いの際におんのべかずら(山ぶどうのつる)をくぐり身を清めております。大祓当日のみ朝から夕方まで参道に設置致します。(写真のもの)茅の輪の代わりにおくぐり頂き、身をお清めください。

天岩戸神社の近況

オガタマの蕾が付きました。
2016-12-25
招霊(おがたま)の木の蕾が付いています。
3月ごろに咲きます。
 

天岩戸神社の情報は、こちらをご覧ください。

Facebook更新中!