本文へ移動
天岩戸神社 西本宮
 
天照皇大神が御隠れになられた天岩戸(洞窟)を御神体として御祀りしている神社です。
天安河原宮
天安河原(あまのやすかわら)と呼ばれる間口40メートル、奥行30メートルの大洞窟があり、八百萬神が集まって相談をされた場所です。いろんな願事が叶うとの信仰があります。別名「仰慕窟(ぎょうぼがいわや)」とも呼ばれます。
天岩戸神社 東本宮
 
天照皇大神が天岩戸からお出ましになられた後、最初にお住まいになられた場所を御祀りしている神社です。
 
天岩戸神社は宮崎県高千穂町に鎮座し、日本神話(古事記・日本書紀)の中に書かれております天照大御神様のお隠れになられた天岩戸と呼ばれる洞窟を御神体として御祀りしており、天岩戸神話の舞台となった場所でございます。 岩戸川をはさんで西本宮と東本宮が鎮座し、両社とも、天照大御神様を御祭神として御祀りしております。 川上には八百萬の神々がお集まりになり、御相談をされた天安河原がございます。

天岩戸神社からのお知らせ

天安河原は参拝が出来るようになりました。
2019-08-17
河川の水位が下がりましたので、洞窟に入れるようになりました。

天岩戸神社の近況

6月10日、琉球國祭り太鼓の奉納演舞が執り行われました。
2018-06-10
琉球國祭り太鼓の演舞の奉納をいただきました。
迫力のある素晴らしい演舞でした。
ありがとうございました。
 

天岩戸神社の情報は、こちらをご覧ください。

Facebookにリンクしています

 
TOPへ戻る